カーポートを設置するための基礎知識

カーポートは建物の中につくられているビルトインカーポートと敷地内に後から作られるものがあります。それは柱、梁、屋根で構成されていて、1台用2台用があり、それ以上必要な時は組み合わせて設置します。柱が片方に2本ついているもの、両方に二本ずつ4本ついているものがあり、柱の基礎部分は地面深くまで入っていてコンクリートで固められています。2本脚のものは、基礎が浅いとバランスを崩しやすく、倒れやすいので注意が必要です。背の高い車に合わせた屋根が高いものもあります。屋根の素材はポリカーボネートのものが多く、衝撃に強く、車の色あせの予防になります。数十センチ刻みでいろいろな大きさがあり、側壁や補助支柱などのオプションがあるので、敷地や車、用途に合わせたものを設置できます。

カーポートのいろいろなオプションについて

カーポートは、数十センチ刻みでサイズがいろいろあります。車や敷地に合わせたサイズを選ぶことができます。車は10年くらいで買い替えることがほとんどですが、カーポートはそれの何倍も使います。車に合わせるというより敷地に合わせた方がいいかもしれません。背の高いトラックやワンボックスが入るように柱が長くて屋根が高いものもあります。横からの風や雨から守れるように側壁を付けることもでき、洗濯ものの干場として使うことができるように物干し竿を設置できるものやライトやセンサーを設置できます。片足のものには補助支柱があります。台風など強風の時にはそれがあれば屋根が安定し、転倒防止にもなります。柱の色は黒やシルバーがあり、屋根の素材も選ぶことができるので好きなものを選んでください。

カーポートの車庫以外の意外な使い方

カーポートがあれば、塗装や室中のシートなどの色あせを防ぐことができます。そして雨や雪の日は雨や雪にぬれずに車に乗ることができます。乳幼児や高齢者が居れば楽に乗り降りができます。真夏の昼間の車は熱くてとても乗れるものではありません。しかしカーポートの中に入れていれば、少しは温度の上昇が防げます。太陽が動くので完全に日が当たらないようにすることは難しいのですが、1度から2度くらいは違うのではないかと思います。最近の荒れた天候で、あまり雪が降らない地域でも降ることがあります。屋根にたくさん雪が積もるようなら倒壊防止に雪下ろしをしないとなりません。車とは離れた使い方になりますが、洗濯ものを干すことができるほか直射日光を避けることができるので子供の遊び場にすることもでき、自転車やバイクの保管場所にもなります。

カーポートの中で最も人気にある2台用も豊富です。主力商品・サービスは安心の長期保証や台風被害補償がある、プロの質のいいカーポートを激安販売することです。 当店の対象エリアは、沖縄県を除く46都道府県ですが、北海道・鳥取県・島根県では、施工できない地域があります。 カーポートのことならコウケンNETへ。高性能な自動見積もりシステムで今すぐ金額をチェック。 愛車のためのカーポート