カーポートを設置するにあたって知っておきたいこと

カーポートは屋根と柱による簡易的な車庫です。強度や広さ、形状など様々な面から選択する必要があります。車の台数や大きさ、敷地の広さを考慮して設置することが大切です。敷地に余裕がある場合は車の大きさに関わらず、大きめのカーポートを設置することにより雨の日でも濡れずに出入りできて、車の出し入れの際にぶつけることなく安心して運転できます。カーポートを設置した後に、屋根の広さを変更するなど横幅を広げることは可能ですが、たくさんの部品の取り換えが必要であり、費用の追加があるためしっかりと検討してから設置することをおすすめします。車の大きさによっては2台用カーポートでも納車できない場合があるため、今後の車の買い替えなども想像しながら広さを決めることが大切です。業者によってはイメージ図を提出してくれる場合もあり、事前にしっかりと確認することが必要となります。

カーポートを設置することによるメリット

カーポートを設置することにより大切な車を雨や雪から守ることができます。鳥の糞などからも防いでくれるため、洗車の手間も少なくなります。雹や落下物による傷も防げます。カーポートの屋根部分に太陽光パネルを設置することもでき、自家発電を利用することができます。また、ガレージなどは固定資産税の対象となりますが、カーポートは柱と屋根のみで構成されているため対象外となります。カーポートを設置するほうが安価になるので経済的にも安心です。夏場の車内の気温上昇や、冬場の霜や積雪の減少が期待できるため、快適に車に乗ることができます。カーポートにより様々な事態から車を守ってくれるため、車が長持ちすることが最大のメリットとなります。車のコーティングが剥がれることを嫌う人にはおすすめです。

カーポートを設置するために大切なこと

カーポートを設置する際には、まず初めにその土地の気象条件が大切になります。カーポートの種類もいろいろあるため、風に強いか雪に強いかなどで設置条件が変わってきます。積雪が多い地域では、積雪量の負荷に耐えうる強度が必要です。台風が多い場合では、耐風圧に強いものを選択します。カーポートの広さはこれからのライフスタイルの変化にも対応できるよう考慮することが重要です。現在利用している車よりも大きな車に乗り換える可能性がある場合など、将来のことも見据えて設置することをおすすめします。また敷地面積のギリギリまでカーポートを設置したい方も多く、隣人への雨水跳ねや雪落ちなどを防ぐことができるカーポートを選択することも大切です。逆勾配やフラット屋根タイプはそれらを防ぐことができます。カーポートの種類はたくさん存在するために、自身の家に合わせて有効に活用できるタイプを選ぶことが大切になります。